« QTClipに保存されたテキストを検索 | トップページ | このブログ内を検索 »

2011年12月25日 (日)

マクロコメントマクロ for QX by Si

Si さんのマクロです。

マクロファイルの選択した行の行頭にアポストロフィを挿入してコメントアウトします。
すでにコメントアウトしてある場合は解除します。範囲指定は行単位で。

Si の部屋 | Si's Room
MACRO Collection for QX

マクロコメントマクロ / COMMENT   version 1.00   comment.lzh   1998/07/13
>変な名前のマクロですが(笑)、マクロファイル中の選択範囲にコメント記号を一括挿入、削除すると言うマクロ作者さん向けの小物マクロです。


マクロのはじめのほうに、

function is_macrofile()
if lcase$(rightb$(@Filename$ , 3)) = "mac" then
is_macrofile = 1

となっている部分があります。
そのつぎに、下の三行を挿入すると、VBScriptにも使えます。

elseif lcase$(rightb$(@Filename$ , 3)) = "vbs" then
is_macrofile = 1
else

いつも便利に使っているマクロです。あたりまえすぎて、紹介するのを忘れてました。
近ごろVBScript(NewQXのマクロとして使う言語)を始めたので、上のようにマクロを書きかえました。

インデントとアンインデントは基本機能にあります。
機能一覧(標準QX)

>選択範囲内の行をインデント
>定義名 BlockIndent
> 選択範囲内の行の行頭にタブを挿入します。
> 改行のみの行にはタブを挿入しません。
> 箱型選択時は実行できません。

>選択範囲内の行をアンインデント
>定義名 BlockUnindent
> 選択範囲内の行の行頭にタブがあればタブを1つ削除します。
> 箱型選択時は実行できません。

 
QXエディタ入門
 ネット検索では一部しかヒットしません。記事は目次から探してください。
   記事の訂正などの最新情報は、こちら。総合案内(おしらせ)
                  ┏よくある質問
                  ┃QXの設定
                  ┃標準設定のQXを使う
       すべての目次 ━╋QXを使う
                  ┃マクロ
                  ┃QTClip QGREP どこでもホイール
                  ┗パソコンが苦手なかたへ
 

|

« QTClipに保存されたテキストを検索 | トップページ | このブログ内を検索 »